塗装工事のお役立ちブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

正確な見積り

みなさん、こんばんは!!
正月休みの食べ過ぎで体重が増えてしまって、
ついにダイエットを開始した、山下です。

塗装工房 彩美は、岡山県倉敷市新倉敷駅前にある、
外壁塗装工事・屋根塗装工事の専門店です。

塗装工事の勉強、第29回目は正確な見積りです。

塗装工事を成功させる見積書とは?
見積りの良し悪しで業者を判断!

見積りで「一式」と書いている場合は要注意!
分かり易い見積りは、詳細項目が記載されている。

現場調査
満足いく塗装工事は現場調査なしには始まらない。

インターネットでも塗装業者を探せる時代。
便利になった一方、
安易に施工を決めてトラブルになるケースも増えています。

原因は、現場を事前に確認しないことです。
現場調査は業者が詳細な見積りを提出するために大切な工程で、
現場調査なくして正確な塗装プランと見積りはありえないのです。

平米計算
信頼できる業者は、見積りに塗装面積を記載しています。

金額を判断する上で見るべき箇所は、
「塗装面積の把握」

塗装面積を見積りに記載している業者は、
信頼できると言ってもよいでしょう。

また、窓やドアなど、
塗装を要しない含まれていないかもポイントです。

数値の根拠もなく一式と書かれた見積りは、
金額の基準がつかないため判断が難しいです。

正確な見積りを提出してもらうには現場調査が必要です!!
また、塗装面積・塗料名などの根拠があるかを確認しましょう。

第30回目は、足場代を削減です。
楽しみにしていてくださいね。

岡山で外壁塗装工事・屋根塗装工事をお考えの方、
倉敷で外壁塗装工事・屋根塗装工事をお考えの方、
塗装工房 彩美にお気軽にご相談ください。

2018年01月14日

正しい洗浄方法

みなさん、こんばんは!!
今日は久しぶりに料理で夕飯にオムレツを作って、
妻と娘が美味しいと食べてくれて嬉しかった、山下です。

塗装工房 彩美は、岡山県倉敷市新倉敷駅前にある、
外壁塗装工事・屋根塗装工事の専門店です。

塗装工事の勉強、第28回目は正しい洗浄方法です。

さまざまな要因で汚れている屋根や外壁。
こうした汚れを完全に落とさないまま塗装をすると、
どんなことが起こるのでしょうか?

塗装工事で最も重要な工程が下地処理です。
その一つに高圧洗浄があります。

強い圧力によって噴射される水で、
剥がれかけの塗料や藻、苔、汚れなどを洗い落とします。

高圧洗浄は目で見て分かりにくいため、
いい加減に洗浄をしたり、
しっかり乾燥しないまま塗装をすると、
さまざまな不具合が起きてきてしまいます。

高圧洗浄が不十分だと数年で塗装が剥がれてしまう、
なんて事もあるので注意しましょう。

塗装を長持ちさせる秘訣は洗浄にあり!!
塗料だけでなく下地処理にもこだわりましょう。

塗装をする際に、
塗料をより密着させることができ、
塗装が長持ちします。

第29回目は、正確な見積りです。
楽しみにしていてくださいね。

岡山で外壁塗装工事・屋根塗装工事をお考えの方、
倉敷で外壁塗装工事・屋根塗装工事をお考えの方、
塗装工房 彩美にお気軽にご相談ください。

2018年01月11日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

岡山、倉敷、福山で、
外壁塗装工事、屋根塗装工事をお考えの方は、
塗装工房 彩美にお気軽にお問い合わせ下さい。

2018年01月06日

正しい下地処理

みなさん、こんばんは!!
今日は、倉敷アリオの口福堂にいって、
甘い食べ物を買い過ぎてしまった、山下です。

塗装工房 彩美は、岡山県倉敷市新倉敷駅前にある、
外壁塗装工事・屋根塗装工事の専門店です。

塗装工事の勉強、第27回目は正しい下地処理です。

塗装工事は、下地補修なくして成功はありません!!
傷んだ下地は補修してから塗装をしないといけません。

長時間、紫外線や風雨にさらされている、
屋根・外壁は経年劣化からは避けられません。
その劣化を見逃さず、適切な処理をしてから
塗装工事をすることが重要です。

【モルタル壁】
モルタルは、水を使って砕石と砂を合わせて、
乾燥させて作られるため、
モルタル自体の収縮や構造木材の乾燥収縮などによって、
表面に微細なクラックが発生しやすい資材です。
特に日がよく当たる建物の壁など面積の大きい面では、
乾燥収縮による亀裂を防ぐことは難しいです。
また、夏の建物の膨張と冬の収縮を繰り返して、
大きくなったクラックから雨水が浸入してしまうと、
鉄筋がむしばまれてしまう結果にもなってしまいます。

ヘアークラックは刷り込みによる補修で解決
ヘアークラックとは、
髪の毛もどの幅の細くて浅いヒビ割れのことです。
小さなヘアークラックでも補修は必須です。
塗装だけではその場しのぎになってしまい、
数年もするとクラックが出てきてしまいます。
ヘアークラックを補修する場合は、
下塗り材による刷り込み工程が必要です。
微弾性フィラーやセメントフィラーなどの下塗り材を、
ラスターなどの硬い刷毛を使用して、
クラックの中に刷り込んで補修をします。

【サイディング壁】
サイディングは、
つなぎ目にシーリング材を使用している場合が多く、
10年も経つと劣化してシーリングがヒビ割れてきます。
劣化の目安は、隙間ができてきたり、弾力のない状態になります。
使用環境によって異なりますが、
10年ほどで改修を行う必要があります。
近年では、高性能塗料の登場に伴って、
シーリング材の性能も高耐久にグレードアップしています。
塗料に合わせて、シーリングも高耐久性なものにしましょう。
改修は『打ち増し』ではなく『打ち替え』がおすすめです。

第28回目は、正しい洗浄方法です。
楽しみにしていてくださいね。

岡山で外壁塗装工事・屋根塗装工事をお考えの方、
倉敷で外壁塗装工事・屋根塗装工事をお考えの方、
塗装工房 彩美にお気軽にご相談ください。

2017年12月22日

正しい塗装方法

みなさん、こんばんは!!
今年は年賀状を早めに準備するぞ~!!
と思っていたのに、結局ギリギリになってしまった、山下です。

塗装工房 彩美は、岡山県倉敷市新倉敷駅前にある、
外壁塗装工事・屋根塗装工事の専門店です。

塗装工事の勉強、第26回目は正しい塗装方法です。

塗装工事の鉄則は『3回塗り』です!!
屋根塗装工事、外壁塗装工事は、
『下塗り』『中塗り』『上塗り』の3回塗りが基本です。
塗装後の美観や耐久性を左右する重要な工程といえます。
それぞれの工程の役割と必要性を覚えておいてください。

下塗り塗料は上塗りを長持ちさせ、綺麗に仕上げるために必要不可欠です。
上塗り塗料は耐候性・低汚染性・防カビ・防藻性などの機能を持って
いますが密着性に欠けるため、接着剤のような役割を持つ、
下塗りが必要となります。
中塗りと上塗りでは同じ塗料を使用します。
中塗りと上塗りを行うことで、
完全な屋根塗装・外壁塗装に仕上げることができます。
『3回塗り』は耐久性の面でも、美観の面でも必要な作業になります。

下塗り塗料の種類と特徴
下塗り塗料にも目的と用途に合わせて種類が存在します。

●プライマー
上塗りとの密着効果を高める接着プライマーや、
鉄材などに塗るサビプライマーなど、機能に応じた種類があります。

●シーラー
上塗り塗料が下地に吸い込まれてできるムラを抑えるために
シールする役割を持っています。
プライマーとシーラーはほぼ同じ目的の下地材です。

●フィラー
下地の凸凹やヘアークラックなどの補修をする場合に使用します。

●微弾性フィラー
現在主流の下塗り塗料になります。
通常のフィラーよりも膜厚を付けることが可能です。
環境に優しく、クラック補修もできます。

3回塗り工程
【下塗り】
既存塗膜や下地の状況に応じて下塗り塗料を選定して塗装をします。
【中塗り】
長く美観や耐久性を保持するために、塗膜の厚みを十分確保します。
【上塗り】
打ち合わせで決められた色の塗料を塗装して完成になります。

※中塗りと上塗りの時に、塗料の色を少し変えてもらうことによって、
 塗り残しや工程を省くような手抜き工事を見抜けられます。

第27回目は、正しい下地処理です。
楽しみにしていてくださいね。

岡山で外壁塗装工事・屋根塗装工事をお考えの方、
倉敷で外壁塗装工事・屋根塗装工事をお考えの方、
塗装工房 彩美にお気軽にご相談ください。

2017年12月20日
» 続きを読む